平成29年度 秋田市在宅医療・介護連携セミナー中止のお知らせ

 平成30年2月11日に開催を予定していた「平成29年度 秋田市在宅医療・介護連携セミナー」について、北陸方面を中心とする雪害により、講師の大嶋一英氏(福井県坂井地区医師会顧問)が来られなくなったため、残念ながら中止となりました。
 当日、参加を予定されていた方々におかれましては、たいへん申し訳ありませんが、何とぞご了承のうえ、ご理解くださいますようお願いいたします。

秋田市在宅医療・介護連携セミナー

最終更新日:平成30年2月8日


 団塊の世代が75歳を迎える2025年にむけて、在宅を中心に、診療所、病院、看護、介護職種の多連携が強く求められております。
 秋田市における在宅医療を含む地域包括ケアシステムを築くために、医療・介護等さまざまな職種において、それぞれどのような支援ができるかについて一緒に考えてみませんか。


平成29年度 秋田市在宅医療・介護連携セミナー

※ 平成30年2月11日に、秋田市役所正庁で開催を予定していた「平成29年度 秋田市在宅医療・介護連携セミナー」について、北陸方面を中心とする雪害により、講師の大嶋一英氏(福井県坂井地区医師会顧問)が来られなくなったため、残念ながら中止となりました。どうぞご了承ください。(H30.2.8)

これまでのセミナー

平成28年度 「在宅医療から考える地域包括ケアシステムについて」

日時

平成29年2月25日(土)午後1時30分から4時30分まで

場所

秋田市文化会館 5階会議室

内容

○第1部 基調講演 「在宅医療から見た地域包括ケアシステムについて」
・講師 公益社団法人日本医師会 常任理事 鈴木 邦彦 氏
・座長 一般社団法人秋田市医師会 会長 松岡 一志氏
○第2部 グループワーク「認知症の方が自分らしく暮らすために、どのような多職種連携が必要か?〜身近によくある認知症の事例から〜」
・全体コーディネーター 東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 後藤 純氏

参加者

医療・介護関係者等 130人

28年度セミナーの様子1 28年度セミナーの様子2

アンケート結果等

平成27年度 「地域包括ケアシステムを築くために、いま何をすべきか」

日時

平成28年2月11日(木・祝日)午後1時30分から4時30分まで

場所

秋田市文化会館 5階会議室

内容

○第1部 講演 「地域包括ケアシステムと在宅医療・介護連携について〜各地での実践例から〜」
・講師 東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 後藤 純 氏
○第2部 グループワーク「地域包括ケアシステムを築くために、いま何をすべきか」
・全体進行 講師(後藤氏)

参加者

医療・介護関係者等 144人

27年度セミナーの様子 27年度セミナーの様子2

アンケート結果等

 

お問合せ

長寿福祉課 地域包括ケア担当
住所 〒010−8560 秋田市山王一丁目1−1
電話 018−888−5668
FAX 018−888−5667
E-Mail ro-wflg@city.akita.akita.jp

秋田市トップ福祉保健部長寿福祉課



Copyright (C)2017- 秋田県秋田市(AkitaCity,Akita,Japan)AllRightsReserved.
ro-wflg@city.akita.akita.jp