豪雪時の屋根の雪下ろし費用の助成について

最終更新日 平成28年12月8日

〜高齢者や障がい者を対象に屋根の雪下ろし支援事業を実施します〜

1 事業内容

原則、道路豪雪対策本部が設置された際に(注1)、自力で屋根の雪下ろしが困難な高齢者のみの世帯や障がい者のみの世帯(いずれの世帯も市民税非課税、持ち家に限る)に対し、屋根の雪下ろしを行った場合などにその費用の一部を助成します。

(注1)道路豪雪対策本部とは、秋田市地方気象台発表の積雪深が40cm(警戒積雪深)に達した時点で必要に応じて設置するものです。
    道路の除排雪対策に備えて冬期間設置している「道路除排雪対策本部」とは異なります。

2 補助金額

 @雪下ろしのみの場合:雪下ろしに要した額又は1万円のうちいずれか低い額
 A雪下ろしおよび下ろした雪の排雪を行った場合:左記に要した合計額又は1万5千円のうちいずれか低い額

3 対象世帯等

 @  対象世帯(以下のいずれかに該当する世帯員全員が市民税非課税の世帯
   ・65歳以上の高齢者のみで構成される世帯
    (65歳以上の高齢者と18歳以下の年少者のみの世帯も含みます)
   ・65歳未満で身体障害者手帳等の交付を受けている者のみで構成される世帯
     (身体障害者手帳等とは、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または、特定医療費(指定難病)受給者証のことです)
 A  対象箇所 :現に居住している住居の屋根(持ち家に限定
 B  実施期間 :道路豪雪対策本部が設置された日から年度末まで。実施期間以外でも、現地調査を行い積雪により家屋倒壊のおそれがある場合には、助成の対象となることがあります。(ただし、申請は年度内1回のみです) 

4 申請方法

 事前登録は不要です。
 手続方法は以下のようになります。
 @ 対象者が自ら雪下ろし業者へ作業依頼し、費用を支払います
 A 対象者が長寿福祉課(高齢者)または障がい福祉課(障がい者)にBの必要書類を添えて申し込みます
   (代理人による申請も可能です)
 B 必要書類:申請書(所定の様式)
          雪下ろし作業前・後の写真、排雪作業前・後の写真、作業代金を支払った領収書
          身体障害者手帳等の写しや特定医療費(指定難病)受給者証等の疾患が確認できる書類の写し
          (障がい者のみの世帯に限ります)

PDF 要綱
申請に必要な書類 様式1
(申請書兼同意書)
市から送付する書類 様式2
(決定通知書)
様式3
(不交付決定通知書)
様式4
(請求書)
様式5
(交付決定取消通知書)

申請窓口と受付時間

手 続 で き る 窓 口 手続できる時間
・障がい者世帯について
・障がい福祉課(市役所1階)
平日 8:30〜17:15
(年末・年始を除く)
・高齢者世帯について ・長寿福祉課(市役所2階)
 申請書は下記サービスセンターでも受け付けます。
・東部市民サービスセンター  ・北部市民サービスセンター
・西部市民サービスセンター  ・河辺市民サービスセンター
・南部市民サービスセンター  ・雄和市民サービスセンター
受付時間
平日 8:30〜17:15
(年末・年始を除く)

お問合せ先

障がい福祉課 企画管理担当 長寿福祉課 地域包括ケア推進担当
住所 〒010-8560 秋田市山王一丁目1-1
TEL 018-888-5663 018-888-5668
FAX 018-888-5664 018-888-5667
E-mail ro-wfsc@city.akita.akita.jp ro-wflg@city.akita.akita.jp

秋田市トップ福祉保健部障がい福祉課長寿福祉課


市章
Copyright (C)2013- 秋田県秋田市(AkitaCity,Akita,Japan)AllRightsReserved.
ro-wflg@city.akita.akita.jp