「第3回あきたアート はだしのこころ」 開催のご案内

最終更新日:2017.11.22

 1.目的等
 2.作品展の概要
 3.作品展パンフレット
 4.その他
 


 目的等

生きる営みの中から真っ直ぐに生まれてきたアートは、ひとのこころを揺さぶり、つなげ、社会を変えていきます。
秋田県内在住の障がいのあるかた個人が制作した作品【秋田の地で生まれた「はだしのこころ」をした作品】たちを
障がいのある人、ない人、すべての人で分かち合う場として、展覧会を開催いたします。

 作品展の概要

公募により集まった絵画などの作品を展示するほか、特集作家※の作品も展示いたします。
 ※特集作家とは、芸術性やその「表現する力」について、特に注目してもらいたい方であり、応募者とは別にアドバイザーが選出した方

国文祭メモリアルフェスティバル in  AKITA 2017 参加事業
「第3回あきたアート はだしのこころ」
201712日(金)〜12月17日(日)

●会場

秋田市にぎわい交流館AU2階 展示ホール
 〒010−0001 秋田県秋田市中通一丁目4−1
 TEL 018−853−1133

●開館時間

午前10時〜午後6時(入場は午後5時30分まで)
(最終日は午後5時まで開館)

●入場料

無料

●関連イベント 1 オープニングイベント
   12月8日(金)午後1時〜午後3時頃 会場内にて
   展覧会の講評、出品者による作品紹介を予定しております。

2 アーティストトーク
   12月9日(土)午後1時〜午後2時30分頃
   出品者による作品紹介を予定しております。

3 トークセッション 東 ちづる(出演予定)×中津川 浩章
  「まぜこぜ社会のつくり方!」
   12月16日(土)午後3時〜午後5時
   会場:秋田市にぎわい交流館AU4階 研修室1・2 
   定員:90名
   ※トークセッションについては、事前申込みが必要となります。
   事前申込みは問合せ先の「あきたアート事務局」まで

※詳細は作品展パンフレット裏面をご覧ください。   

●主催

秋田市

●後援 秋田県 秋田県教育委員会 秋田公立美術大学 秋田市教育委員会
●アドバイザー 中津川 浩章(美術家 アートディレクター) 藤 浩志(美術家 秋田公立美術大学教授) 
●問合せ先 1.NPO法人アートリンク うちのあかり 「あきたアート事務局」
  010−1632 秋田市新屋大川町12−3 秋田公立美術大学内
  TEL 018−838−6406(担当/大畑)
  TEL 018−888−8121(担当/安藤)
  (電話に出られない場合もあります。ご了承ください。)
  E−mail utinoakari@gmail.com
  https://www.facebook.com/hadasinokokoro/

2.秋田市福祉保健部障がい福祉課企画管理担当
  平日 午前8時30分〜午後5時15分
  TEL 018−888−5663
  E−mail ro-wfsc@city.akita.lg.jp  
●その他 秋田市にぎわい交流館AUには駐車場がありません。
来場の際は、公共交通機関をご利用いただくか、近隣の有料駐車場をご利用ください。
 (駐車場の利用料は利用者のご負担となります。ご了承ください。)

 作品展パンフレット

                 

表面(PDF941KB)  裏面(PDF832KB)

 その他

・企画・運営 NPO法人アートリンク うちのあかり
 (作品展の企画・運営については、秋田市が「NPO法人アートリンク うちのあかり」に委託し実施するものです。)

問合せ先

秋田市福祉保健部障がい福祉課
住所 010-8560 秋田市山王一丁目1番1号
電話 018−888−5663
FAX 018−888−5664
E−mail ro-wfsc@city.akita.akita.jp

秋田市トップ福祉保健部障がい福祉課


市章
Copyright (C)2003- 2017秋田県秋田市(AkitaCity,Akita,Japan)AllRightsReserved.