秋田市章 秋田市食肉衛生検査所 


秋田市トップ秋田市食肉衛生検査所トップ|最終更新日 2016.12.14


検査所プロフィール

 プロフィール
 業務概要
 アクセス

消費者の皆様へ

 お肉が食卓に上るまで
 お肉を安全に食べよう
 と畜検査について
 と畜検査QandA
 BSE検査情報
 キッズペ−ジ
 しょっけん見学

生産者の皆様へ

 家畜の搬入について
 動物用医薬品・飼料添加物(抗菌性飼料添加物)の休薬期間等について
 と畜検査情報還元事業について

事業者の皆様へ

 食鳥処理事業について

リンク

 リンクへ

と畜検査QandA


Q.

と畜場とは
食用に供する目的で牛、馬、豚、めん羊、山羊をとさつ解体処理し、と畜検査を行う施設です。

Q.

枝肉とは
とさつされた獣畜の皮、頭、内臓、四肢末端を除いたものです。骨に肉と脂肪と腎臓が残った状態です。背骨を割って左右を2分します。

Q.

全部廃棄とは
と畜検査で、全身性の病気や、そのおそれのある場合、その枝肉や内臓等のすべてを廃棄することです。

Q.

一部廃棄とは
と畜検査で、異常が認められた部位だけを廃棄することです。

Q.

保留とは
と畜検査で異常が認められ、精密検査が必要になる場合、一時保管することです。精密検査の結果、全部廃棄または一部廃棄または合格となります。

Q.

精密検査とは
通常のと畜検査で、食用の適否判断が難しいものは、細菌学検査、病理学検査、理化学検査を行います。

Q.

ヨロイとは
獣畜の被毛に糞や泥などが付着し、洗浄せずに時間がたち、汚れが被毛に絡まり、固まったものです。

 BSE・TSEに関する用語解説はこちら

その他QandA


Q.

牛のトレーサビリティとは
生産・と畜及び流通に関する食肉の移動の履歴を把握するシステムです。
国内で飼育された牛の精肉等には、牛の個体識別番号が表示されます。(挽肉、小間切れ、 タン、ホルモン、加工品等は除きます)
 (独)家畜改良センターまたは秋田県食肉流通公社のホームページにアクセスし、個体識別番号を入力することで、生産・と畜情報をみる事ができます。

秋田市食肉衛生検査所

住所 019-2631
秋田市河辺神内字堂坂2番地6
TEL 018−882−2395
FAX 018−882−2126
E-Mail ro-wfmt@city.akita.akita.jp

秋田市トップ


秋田市章

Copyright (C)2001-2017 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-wfmt@city.akita.akita.jp