秋田市章 秋田市食肉衛生検査所 


秋田市トップ秋田市食肉衛生検査所トップ|最終更新日 2016.12.14


検査所プロフィール

 プロフィール
 業務概要
 アクセス

消費者の皆様へ

 お肉が食卓に上るまで
 お肉を安全に食べよう
 と畜検査について
 と畜検査QandA
 BSE検査情報
 キッズペ−ジ
 しょっけん見学

生産者の皆様へ

 家畜の搬入について
 動物用医薬品・飼料添加物(抗菌性飼料添加物)の休薬期間等について
 と畜検査情報還元事業について

事業者の皆様へ

 食鳥処理事業について

リンク

 リンクへ

食鳥事業について


 秋田市内で食鳥処理の事業を始める方は、次のことを確認してください。

  • 食鳥とは、鶏、あひる(合鴨、フランス鴨を含む)、七面鳥、その他一般に食用に供する家きんをいいます。
  • 食鳥処理とは、食鳥をとさつし、その羽毛を除去すること。(これを食鳥とたいといいます)または、食鳥とたいから内臓を摘出することをいいます。
  • 食鳥処理を行うための施設(食鳥処理場)を設け、食鳥処理場ごとに事業の許可が必要です。
  • 食鳥処理場では、食鳥検査員(獣医師)による食鳥検査が義務づけられています。
  • 食鳥処理場ごとに食鳥処理衛生管理者の資格をもった従業員の設置が必要です。
  • 年間処理羽数が30万以下の食鳥処理業を営む場合は、「認定小規模食鳥処理業者」に該当します。この場合は、確認規程の認定が必要です。
  • 食品衛生法に基づく食肉販売業の営業許可(保健所が所管)を有する方が、食鳥処理業者(認定小規模食鳥処理業者を除く)から検査に合格した食鳥とたいを譲り受け、認定小規模食鳥処理業者に譲り渡す場合は、「届出食肉販売業者」に該当します。この場合は、食肉販売業の営業許可の他に食肉衛生検査所への事前の届出が必要です。

事業計画がある場合は、必ず事前相談をしてください。
秋田市食肉衛生検査所 電話 018−882−2395

 許可申請に必要な書類は、次のとおりです。

 食鳥処理業(年間処理羽数30万超)の方はこちら

 認定小規模食鳥処理業者(年間処理羽数30万以下)の方はこちら

 届出食肉販売業者の方はこちら



秋田市食肉衛生検査所

住所 019-2631
秋田市河辺神内字堂坂2番地6
TEL 018−882−2395
FAX 018−882−2126
E-Mail ro-wfmt@city.akita.akita.jp

秋田市トップ


秋田市章

Copyright (C)2001-20167秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-wfmt@city.akita.akita.jp