水質管理体制



上下水道局TOPへお客さまのページTOPへ事業者のページTOPへ工事等契約のページTOPへ上下水道事業のページTOPへ


◆水質管理体制
 ・水質管理室
 ・水質検査計画
 ・定期水質検査
 ・水質年報
 ・最近の取り組み




●水質管理体制に関すること
 浄水課水質管理室
 電話 018-828-1451 メール

インターネット申請 断水のお知らせ 水の学習館 パンフレットダウンロード カンちゃん'sRoom 秋田市ホームページ
 上下水道局では、秋田市の水道水を皆さまに安心してお使いいただけるよう適切な水質検査を行い水質管理に努めています。

水質管理室

 豊岩浄水場内に水質管理室を設置しています。
 自己検査体制を整えることで、迅速かつ柔軟に水質検査を行うことができ、水道水のより一層の安全と安心を提供できるように努めています。

 水質検査機器の一覧はこちらから
→ 『主要機器一覧』
第二機器分析室
第二機器分析室

 水質検査の信頼性の確保を目的に、[検査項目][検査地点][検査回数]などを毎年定め、公表しています。皆さまのご意見を今後の水質検査に反映させるため、ご意見、ご感想を左記までお寄せください。

 水質検査計画の詳しい内容はこちらから
→ 『水質検査計画』  ここでは、私たちが毎月行っている水質検査をご紹介します。
採水の準備
採水の準備
採水
 浄水場および各家庭じゃ口の計26か所で採水しています。
 検査項目の多い月では大量の採水瓶が必要となります。
検査の様子
検査の様子1
検査
 検査を義務づけられている水質基準項目(51項目)のほか、水質管理上留意すべき項目を、法令等により定められた方法で検査しています。
 年間で、1万を超える検体数※となっています。
※検体数=検査項目数×検査地点数×検査回数

 検査により得られた結果が水質基準を満たしていること、水道水が安全であることを確認します。
 水道水の中に体に悪いものや不快にさせるものが入っていないか、あるいは入っていたとしても、その水道水を一生飲み続けても影響がないくらいのレベル※かどうか調べるために、正しく、精度よく水質検査をしなければなりません。日々、技能訓練や機器整備を行い、より高い精度の検査を目指しています。
※体重50kgの人が1日2L飲用することを想定

 検査項目の詳しい内容はこちらから
→ 『水質基準と水質検査結果』
検査の様子
検査の様子2
『給水栓の水質検査結果
(年間平均値)』
検査結果
 検出された項目の結果の年間平均値の最大値は、水質基準値の20%程度となっており、安全な水質といえます。

 各検査結果の最大値、平均値を水質基準値等と比較し、水質管理に反映していきます。

 月ごとの水質検査結果を速報値としてお知らせしています。
→ 『水質検査結果(速報値)』
更新審査
更新審査の様子
水道GLP
 (社)日本水道協会から、水質検査が適正に実施されており、品質管理と技術力に高い水準があると認定を受けています。
 今後も、水質検査の精度と信頼性の確保に努めていきます。

 水道GLPの詳しい内容はこちらから
→ 『水道GLP』
 水質検査計画に基づき行った全ての水質検査結果を「水質年報」としてまとめ、公表しています。

 水質年報の詳しい内容はこちらから
→ 『水質年報』
水道GLPの認定を更新
H26.3
平成22年に認定取得以降、更なる水質検査精度向上への取り組みを進めた結果、更新審査において高い水準が評価され、認定の更新が認められました。
非イオン界面活性剤検査方法の研究発表
H26.10
より精度の高い分析操作確立のために検討した、非イオン界面活性剤の固相カラム保管による検査精度の調査について報告しました。
水道GLPの認定維持
H28.1
平成27年12月に行われた水道GLP中間審査において、高水準の水質検査体制が評価され、平成28年1月に認定維持が承認されました。

▲上に戻る


事業内容についての問い合わせ先はこちら▲

このホームページの運営・管理に関するご意見などは上下水道局総務課 ro-wtmn@city.akita.akita.jp までお願いします。