水道のしくみ



上下水道局TOPへお客さまのページTOPへ事業者のページTOPへ工事等契約のページTOPへ上下水道事業のページTOPへ


直結給水について
修理や工事は指定工事業者へ
給水装置工事市納金
融資あっせん制度




●給水装置に関すること
 給排水課
 電話 018-823-8432 メール

●漏水点検に関すること
 お客様センター
 電話 018-823-8431 メール

●道路部分での漏水に関すること
 水道維持課
 電話 018-823-8433 メール


インターネット申請
水の学習館
パンフレットダウンロード
断水のお知らせ
カンちゃん'sRoom
秋田市ホームページ
 

 道路に埋設されている上下水道局の管(配水管)から、家庭まで引き込まれた給水管と分水栓、止水栓、メーター、逆止弁、水抜き栓、給水栓(じゃ口)などを総称して「給水装置」といいます。この「給水装置」はお客さま(所有者)の財産です(メーターは除く)。
 この部分の新設・改造・修理の費用はお客さまの負担となりますので大切に使ってください。


 配水管から引き込まれた給水装置のうち、宅地部分はお客さまに維持管理していただく範囲です。
 修理などは指定給水装置工事事業者へ依頼してください。費用はお客さまの負担になります。
  指定給水装置工事事業者についてはこちらから → 『指定工事業者一覧』
  カンちゃん指し棒
 
維持管理の範囲 (画像をクリックすると拡大して表示できます。)
クリックすると拡大されます。
 マンションやビルなどの高い建物では、水道管で送られてきた水道水をいったん受水槽にため、これをポンプで屋上などにある高置水槽にくみ上げてから、建物の利用者に給水しています。
 この供給施設の総称を「貯水槽水道」といい、受水槽と高置水槽を合わせた設備を一般的に「貯水槽」といいます。
 マンション・ビルなどで貯水槽水道による水を利用していて、水質の異常(色・濁り・におい・味)に気がついた場合は、貯水槽水道の設置者(ビルの所有者、管理人)、または給排水課(TEL:823−8432)へご相談ください。
 貯水槽水道設置者は、安全な水の確保のために、定期的に専門業者による貯水槽水道の清掃と検査機関による水質検査を受け、適正な管理を心がけてください。
 貯水槽設置者の責務、貯水槽のチェックポイントなどについては、パンフレットをご覧になってください。→ パンフレットダウンロード

▲上に戻る


 宅地内の漏水は、水道水が無駄になるだけでなく、お客さまの料金にも影響します。漏水は、お客さまも簡単に確認することができますので、定期的に点検を行うように心がけましょう。
 
@屋内や外にある全てのじゃ口を閉めて、水道を使っていない状態にします。
A水道メーターのパイロット(図参照)をしばらく見て、回転しているかどうかを確認します。
Bもしパイロットが少しでも回転していれば、どこかで漏水している可能性があります。
 指定給水装置工事事業者へ調査・修理を依頼してください。費用はお客さまの負担となります。
  指定給水装置工事事業者についてはこちらから → 『指定工事業者一覧』
 漏水の確認方法(動画)
漏水確認

閲覧用のソフトについては、マイクロソフトメディアプレイヤーが必要です。 コピーはできません。
漏水の可能性がある場合は、検針時に配布している「水道使用量・料金等のお知らせ」の通信欄でお知らせしています。

▲上に戻る


給水の方式は、大きく「直結式給水」と「受水槽式給水」の2つに区分されます。
 
 「直結式給水」とは受水槽を経由せずに、配水管の圧力で、直接給水する方式です。直結式給水には「直結直圧方式」と「直結増圧方式」の2つの方式があります。

 直結直圧方式
 5階までの住宅や事務所などへ、受水槽や増圧装置を使用しないで、直接じゃ口まで給水する方式です。

 直結増圧方式
 配水管から宅地内の建物に引き込まれる給水管の途中に増圧装置(ポンプ)を取り付け、受水槽を経由しないで、直接10階程度までのじゃ口まで給水する方式です。
 停電時においても、配水管の圧力で5階程度までの低層階への給水ができます。

直結給水のしくみ
(直結式給水のメリット)
・安全でおいしい水が直接供給されます。
・停電時にも給水できます。

 受水槽を利用した給水方法で、受水槽に貯めた水をポンプで高置水槽へ送り、自然流下で各階に給水する方式と、受水槽に貯めた水をポンプで各階に給水する方式があります。
貯水槽のしくみ
(受水槽式給水のメリット)
・受水槽に水を貯留できることから、断水時でもある程度給水を確保できます。
・ポンプにより、給水の圧力と水量を一定に保持できます。


・配水管の圧力で直接給水されるため、停電の影響を受けないことから、配水池の水量不足や管路の破損が起こらない限り、断水しません。
・専門業者による貯水槽の清掃や水質検査が不要となります。
・受水槽や高置水槽が不要になり、スペースを有効利用できます。
・配水管から新鮮な水を直接給水できます。
直結へ切替


・地域の配水管の埋設状況や水圧の状況により、直結式給水ができないことがあります。
・病院、ホテル等、断水による影響が大きい施設や一度に大量の水を使用する施設は、直結式給水ができないことがあります。



マンションやビルなど受水槽を利用した給水の場合、停電やポンプ故障等の緊急時に対応するため、水道メーターと受水槽の立ち上がり管までの1階の屋外に応急用給水栓を設置することを義務づけています。停電等の緊急時にご自宅の蛇口から水が出ない場合は、この応急給水栓をご活用ください。 停電に備え、事前に建物の所有者や管理者に応急給水栓の場所を確認されることをおすすめします。 応急栓


秋田市上下水道局給排水課 電話:823−8432

▲上に戻る


水道の修理や工事は「秋田市指定給水工事事業者」へ

下水道の修理や工事は「秋田市指定排水設備工事業者」へ

水道や下水道に関する修理や工事が必要な場合は、お客さまが直接指定工事業者へ申し込みください。 修理や工事は、お客さまと指定工事業者の契約になります。工事後のトラブルを避けるため、契約の際は、次のことに留意してください
修理や工事は、指定工事業者でなければできません。依頼する際は必ず確認してください。
※工事の申請窓口は、給排水課(TEL:823−8432)となります。
  指定工事業者についてはこちらから → 『指定工事業者一覧』

▲上に戻る


 新たに水道を引いたり、給水管の口径を大きくしたりする場合は、水道加入金、設計審査および工事検査手数料などを上下水道局に納めていただく必要があります。

水道加入金 (下記金額に消費税等相当額(8%)を加えたものが水道加入金となります。)

給水管の口径(mm) 13mm 20mm 25mm 40mm 50mm 75mm 100mm 150mm以上
金額(円) 70,000 160,000 230,000 670,000 1,120,000 2,880,000 5,700,000 管理者が
定める額

設計審査手数料
 ア 新設または改造(便所の水洗化のみのものを除く)に係わる審査(1回につき)
給水管の口径(mm) 25mm以下 25mmを超え50mmまで 50mmを超えるもの
金額(円) 2,500 3,700 4,500
 イ 改造(便所の水洗化のみのものに限る)または撤去に係わる審査(1回につき) 1,700円

工事検査手数料
 ア 現地検査(1回につき)
給水管の口径(mm) 25mm以下 25mmを超え50mmまで 50mmを超えるもの
金額(円) 3,500 4,300 5,500
  イ 書類検査(1回につき) 1,200円

▲上に戻る


 老朽給水管解消工事に関わる融資あっせん制度は、古くなった給水管をお客さまが取り替える際に利用できる制度です。増改築などの際は、この制度を利用し、宅地内だけではなく、道路内の給水管も合わせて取り替えることをお勧めします。
 
対象となる工事 クリックすると画像が拡大されます
 現在使用中の給水管が鉛管である場合、古い給水管を使用中で、出水不良や濁りが発生したり、漏水の恐れがある場合などに行う @給水管を取り替える工事 A他の箇所から新たに給水管を引き直す工事 が対象となります。

※画像をクリックすると拡大表示されます。
 
手続方法
 融資あっせん制度のご利用にあたっては、給排水課(TEL:823−8432)までご相談ください。
 申し込み後、金融機関の審査(1週間程度)を経て、諾否の通知をします。工事完成後に融資金額決定通知されますので、これにより申込者が金融機関と直接契約していただきます。
 
取扱金融機関
 秋田銀行、北都銀行、秋田信用金庫、秋田県信用組合、東北労働金庫の5つから契約する金融機関を選択していただきます。
 
限度額・償還方法・利息
 限度額  50万円
 償還方法  50回以内元金均等月賦償還
 利息  上下水道局で負担

▲上に戻る


事業内容についての問い合わせ先はこちら▲

このホームページの運営・管理に関するご意見などは上下水道局総務課 ro-wtmn@city.akita.akita.jp までお願いします。