秋田市雄和市民サービスセンター
秋田市トップ雄和市民サービスセンタ−民話トップ
 
秋田市トップ 「秋田市トップ」へ移動
ビジネス 「ビジネス」へ移動
市政・まちづくり 「市政・まちづくり」へ移動
観光 「観光」へ移動
組織案内 「組織案内」へ移動
かっぱの絵
その3
川をくだった館(たて)の主(ぬし)

 雄物川の川べりのとある村里に藤太(とうた)というおとこのわらしこ(子供)がえであったド。
 そこの家では、おなごわらしばかり生れたあどに藤太が生れたものだから、めんこくて、めんこくて、あまりに大事に育てたものだから、外にもろくに出ることがながったド。んだもんだ(それで)から、体の弱いわらしこになっていったド。
 ほかのおとこわらしと遊ぶこともあまりなく、たまに外に出るといじめられて泣いて帰ってくることが多かったド。
 んだもんだから、おど(お父さん)も、あば(お母さん)もしんぺ(心配)して、何とか藤太が丈夫な一人前のおとこに育ってもらいたいと、いつも神様にお祈りしていたもんだド。

◇ ◇ ◇

 月日のたつのは早いもので、弱虫な藤太も13歳になったド。
 春も近づいたある晩のこと、藤太はおそろしい夢を見たド。
 その夢は、川の上流にある水沢というところの館(たて)に住む大蛇が、人の姿になってあらわれ、「住み家になっている館の杉の大木が切りたおされるので、住みにくくなるから、そのうちに川を下って、海へ出る。そして、別の場所に住みかえるので、お前の下を通るから、必ずその時に川のほとりに出ておがめ!(お祈りしろ!)。そうすれば、お前のおどやあばの願い事をかなえてやる。このことは、絶対に誰にもいってはならぬぞ」とお告げがあったド。
 いくじのない藤太は、幾度となくおどやあばにそのことを話そうと思ったども『誰にもいうな!』とのお告げと、話してしまうと何が起きるかしんぺ(心配)になって、まんま(ご飯)ものどを通らなかったド。
 山々の雪もとけ、川の水かさも多くなり、雄物川のほとりには、白い野だいこんの花が咲いているのどかな夏に近いある日……。藤太は何んとも川の方が気になってしかたがなかったド。
 なんとしたものか、足は自然に川の方に向いて、川岸に引き寄せられるように、いつの間にか川のほとりに一人立っていたド。
 すると、風もないのに川の波がだんだん大きくなり、水の色もしだいに青黒くなって、川の中程はとくに上流から波のうねりがはげしくなったド。
 藤太はおそろしくなり「水沢の館の主が今、下るどごだ……」と叫んでも声が出なかったド。目の前の青黒い波のうねりに手を合せて、夢中にお祈りしたド。
 しばらくして波もおさまり、藤太は気をとりもどしたが、川のほとりはもちろん、あたりにはまったく人の影もなかったド。
藤太は、それから気丈な強いおとこになり、村のおさ(長)になったド。とっぴんぱらりのぷ!


かっぱの絵
民話への招待
 古い時代から、私たち日本人にとっては、山や海、川や沼、それに木や草花にいたるまで神が宿るもの、神の依り代(しろ)としておそれあがめる習俗が伝えられています。
 とりわけ、山嶽信仰の中には、出羽三山と呼ばれている月山・羽黒山、湯殿山の県外の山々、それに県内の鳥海山、太平山が信仰の対象となっており、信仰する人たち同志が集まって、登山して本宮の参詣をしたり、例祭日を定めて祭祀をおこなうなど講がつくられそのさかんな時代を物語る石碑があちこちに点在しています。
 そのように著名な山などとは別に山深い沢とか、川の深い渕や沼や堤などに主がおると云う口伝えが多く残っております。
 主なるものは、河童や大蛇、亀大きな鯉や鯰のような魚類、時には狐などもあったようです。
 大蛇の場合は、秋田の三湖伝説(十和田湖、田沢湖、八郎潟にまつわる八郎太郎と辰子姫の物語)をはじめ、数多くあるようです。
 大蛇は、歳(とし)を古(ふ)るにつれて、山河より海へとすみかをかえ、いわゆる山に千年、海に千年ののち、神通力をそなえた竜となり、天に昇ると云う伝えがあります。

※註 水沢の館跡の雄物川の斜面には杉の大木があったようです。

 

前へ
次へ

 


秋田市トップ雄和市民サービスセンター | 民話トップ |



Copyright (C) 2005 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-scyw@city.akita.akita.jp