秋田市雄和市民サービスセンター
秋田市トップ雄和市民サービスセンタ−民話トップ
 
秋田市トップ 「秋田市トップ」へ移動
ビジネス 「ビジネス」へ移動
市政・まちづくり 「市政・まちづくり」へ移動
観光 「観光」へ移動
組織案内 「組織案内」へ移動
かっぱの絵
その15
小田清水の水神さま

 ずっと昔のある夏のはじめのころだったド。
 この年は水も不足で、田植えはなんとか終ったものの、その後の草取りが数日続いても雨は降りそうになかったド。
 ここらの田んぼは、沢の奥から流れる小川を堰き止めて、山のすそにそって堀られた用水路を流れる水に頼るほかなかったド。
 日照りの年には、順番を決めて水を引き、それでも雨が降らない時は、森の山に鎮座する鹿島さんの祠の前に村人が集まり、たき火やたいまつを燃やし、鐘や太鼓をたたいて雨乞いの祭をしてきたものだド。この年も、村人たちは「ながなが降ってけねな!(くれない)」と雨乞いの話がではじめたんだド。
 ここらの田んぼの一番場末にある金沢林(かんざばやし)というところは、堰の幅は大きくなるが、その割に水が細くなり、水かけに困るところであったド。それでも森の山近くに、水面が30坪(100平方メートル)ほどの沼があって、この沼の中ほどから湧き出る水は、どんなに旱天続きでも止まることがなかったド。近くで田んぼを作っていた人たちからも、うらやましがられていたんだド。この沼の中ほどには島があって、時代杉(じだいすぎ)と呼ばれる樹齢500年と伝えられる古木が沼をおおっていたド。昼でも不気味な感じがして、めったに村人は近寄らなかったド。
 作右エ門というものが「あの沼の水をなんとかして、俺の田んぼに引きたいものだ」と考えていたんだド。そして、作右エ門は妙案を思いついたんだド。その妙案とは、番水を引く人たちが疲れで畦端(くろわき)に寝込んでしまう真夜中に、長く継いだ竹筒を自分の田まで埋めて水を引くことだったんだド。
 かねてから、人目を盗んで運んでおいた竹筒を継ぎたして、沼のほとりに忍び寄ったんだド。苦労して竹筒を田の畦に埋め、草むらにかくして竹筒の端を沼の水に浸したんだド。
 ところが、中天にかかったうす月が、赤く輝きわたったと思うと、なんと竹筒が蛇体にかわってうねり、もだえるように沼の中に引きづり込まれたんだド。
 「なんと、おそろしや!」作右エ門は、あまりのおそろしさに腰を抜かし、気を失ってしまったんだド。
 夜明けの露の冷たさに気をとりもどした作右エ門は、ただ、自分だけの欲にくらんで盗み水をしようとしたことが、沼の水神様のいかりにふれたものと心からわびたんだド。そして、村中の苦難を救ってもらうよう、断食をしてひそかに雨乞いをしたんだド。
 それから数日たった夜、沼の近くにいた村人が、沼の中から白馬があらわれて、風のように堰根の奥へ向かって跳び去って行く姿を見たという噂とともに、待ちに待った恵みの雨が山野を生きかえらせたんだド。
 とっぴんぱらりのぷ!


かっぱの絵
民話への招待
 この物語の小田清水の沼は、椿川字小田清水にあります。
 若仙翁覚書(じゃくせんおうおぼえがき)によりますと、大正の末ころには、時代杉の枯れがひどくなり、切り倒したと記されています。
 古老の言い伝えによりますと、天保年代(1830年〜1843年)今から約170年前には、時代杉の上に白装束の女人が機織りをしているのがよく見えたという。また、時代はいつのころか不詳ですが、安養寺の多兵衛の家で、三嶽山のそばの沼で田植えの小昼(こびる)に使った飯(めし)びつを洗っていたところ、いつの間にか紛失して、4、5日後にその飯びつが、小田清水の沼に浮いていて、三嶽山の沼と小田清水の沼が続いているとの説もあったと記されています。
 小田清水の沼には、大きな亀が住んでいるとか、そばに大蛇を見たものがいるとか話題の多いところです。今はあたりの田んぼ一帯が、構造改善事業により区画整理され、沼も雑木や雑草に埋もれて小さくなっています。
 木村与之介氏の「伝説の四季」の中での『大根渕の怪異』に出てくるスサマ谷地の沼は、何となくこの小田清水の沼に似たところがあり、土に生きた素朴な人々の心が息づいている感じがします。

 

前へ
次へ


秋田市トップ雄和市民サービスセンター | 民話トップ |



Copyright (C) 2005 秋田県秋田市(Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-scyw@city.akita.akita.jp