市議会のしくみと構成


最終更新 2017.4.18





市議会について

 市政と市議会

 毎日私たちが生活している秋田市を、快適で住みよいまちにしていくためには、市民の意見が市政に反映されなければなりません。しかし、市民全員が集まって市政を運営することは困難です。
 そこで、選挙をして、市民の代表を選び、「市議会」や「市長」が中心となって市政を運営しています。
 市議会は、市政の方針を決定したり、市政が適正に行われているかをチェックする仕事をしており、「議決機関」といいます。また、市議会の決定に基づいて実際に仕事を行うのが市長をはじめとする「執行機関」です。
 市議会と市長は、まったく対等の立場に立ってお互いに尊重し、議論しあいながら、よりよい秋田市政の実現を目指して努力しています。

 市議会の仕事

 市議会には、市民の代表として十分な活動ができるように議決権、調査権、監査請求権、議案提出権などの権限が与えられています。 

ページのトップへ

議会のしくみ

  


議員定数等 (平成29年4月1日現在)

 議員定数
条例定数 39人
現員 39人

 年齢別議員数
年齢 30〜39歳 40〜49歳 50〜59歳 60〜69歳 70歳以上 平均年齢
人員 1人 6人 7人 18人 7人  60.4歳
※女性議員は4人在任

 当選回数
当選回数 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
人員 9人 8人 10人 6人 4人 0人 1人 1人 39人

ページのトップへ


議長、副議長

 議長と副議長は、議員の中から選ばれ、議長は議場の秩序を保ち、議事を整理したり 市議会の事務を処理し、市議会を代表します。副議長は、議長が出張などで不在のとき、または欠けたときに議長の代わりに職務を代行します。

 歴代正副議長へ


本会議

 市議会はいつも開かれているわけではなく、定期または臨時に一定期間開かれます。

   定例会・・定期に開く議会で、年4回、2月(予算議会)、6月、9月、11月に開催します。
   臨時会・・必要に応じて開き、回数は特に定めはありません。

委員会への議案の付託方法

議案 付託先
予算案・決算 予算決算委員会
条例案等 所管の各常任委員会、議会運営委員会

ページのトップへ


代表質問


一般質問


質疑


討論


会派

 会派は、所属政党あるいは市政に対する考えや意見を同じくする議員が自分たちの考え方を市政に反映させるために集まって作る団体のことです。

会派および党派別議員数(平成28年3月27日現在)                (単位:人)     
  党派名
自民党 公明党 社  会
民主党
共産党 民進党 無所属 合 計


秋水会         16
そうせい           
市民クラブ           
公明党秋田市議会            
フロンティア秋田        
社会・市民連合          
日本共産党秋田市議会議員団          
20 39

 会派名簿はこちらです。

ページのトップへ


秋田市トップへ 秋田市議会へ

市章
Copyright (C) 1998-2017 (Akita City , Akita , Japan)
All Rights Reserved.
ro-ccmn@city.akita.akita.jp