平福百穂「獅子図」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

獅子図

平福百穂 1877(明治10)- 1933(昭和08)

カテゴリー日本画 
制作年c.1915(大正4頃)
技法・材質紙本墨画金彩
寸法(cm)各H172.0×W379.0
受入年度平10年度購入

 描かれているのは向き合う雌雄一対のライオン。前年の第8回文展に出品した「七面鳥」において高く評価された無背景の画面のなかにモチーフをたらしこみの技法を駆使して描き出すという新たな表現が、この作品にも的確に用いられている。たてがみのボリュームや毛並み、重量感のある筋肉表現などは見事である。画面の余白は、二頭の姿を浮かび上がらせ、視線が交錯する場面の緊張感を高めている。ライオンの体躯のところどころに金泥を用いるなど、大胆な表現に至るまでの緻密な計算を感じさせる。

ページトップへ