池田淑人「不死鳥」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

不死鳥

池田淑人 1886(明治19)- 1981(昭和56)

カテゴリー洋画 
制作年1937(昭和12)
技法・材質油彩、キャンバス
寸法(cm)H112.0×W162.0
受入年度平09年度所管換

 エジプト神話の霊鳥で、500年ごとに祭壇の火で自ら焼け死に、その灰の中から幼鳥となってよみがえるという「不死鳥」をテーマとした、英詩と絵画が一体となった作品である。淡い色調の画面に、単純化され力強いフォルムで描かれた不死鳥は、柔らかい筆触により、その神秘的な存在感を高めている。池田は初期にはフォーヴィスム色の濃い作風を示していたが、アメリカに20年ほど住み、詩、音楽、絵画を学んで身につけた豊かな教養と感性により、次第に、深い精神性をもつ独自の作風を確立していった。

ページトップへ