金子義償「舞台裏」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

舞台裏

金子義償 1940(昭和15)- 2019(令和1)

カテゴリー洋画 
制作年1972(昭和47)
技法・材質油彩、キャンバス
寸法(cm)H130.0×W161.5
受入年度平09年度所管換

 金子は東京で人形劇団に入団した経験を持ち、秋田に帰ってからは「秋田ろう人形劇団」を主宰したこともあって、この頃は舞台をテーマに多く描いている。中でもこの作品は最も充実した1点である。華やかな舞台の袖で、出番を待つ人、進行を心配気に見守る裏方や黒子たち、ふと、我にかえった表情の黒子もいる。舞台のライトを逆光に用いた明暗のコントラストで、その舞台裏を浮かび上がらせている。舞台を支える様々な人たちの姿や心境を描き出し、臨場感あふれる作品となっている。

ページトップへ