森狙仙「蜂猴之図」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

蜂猴之図

森狙仙 1747(延享04)- 1821(文政04)

カテゴリー日本画 
制作年1806(文化3)
技法・材質絹本着色
寸法(cm)H115.0×W43.8
受入年度昭52年度寄贈

 土坡の上で休息する猿3頭。頭の上を飛び交う蜂を追い払おうと手を出しにらみつける表情は、どこか人間に似てユーモラスである。
 狙仙は、狩野派から転じて円山応挙の影響を受け、身近な動物、中でも猿をモチーフにした写生画風の作品で大阪随一の人気絵師となった。体毛の描写は精密微細で質感まで良く表し、真に迫るものがある。

ページトップへ