平福百穂「猟夫」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

猟夫

平福百穂 1877(明治10)- 1933(昭和08)

カテゴリー日本画 
制作年1903(明治36)
技法・材質絹本墨画
寸法(cm)H162.6×W92.3
受入年度平19年度購入

 无声会時代の百穂は、それまであまり取り上げられることのなかった働く人々を主題として描いた。スケッチの鉛筆や木炭のすばやい線を日本画の筆に置き換えて作品を制作しており、《猟夫》はこの頃の代表作である。逆光の中にとらえた人物の量感、ゆっくりした足取りや息づかい、冴えわたる空気までが伝わってくる。

ページトップへ