伝 荻津勝孝「秋田街道絵巻」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田街道絵巻

伝 荻津勝孝

カテゴリー日本画 
制作年江戸時代
技法・材質紙本着色
寸法(cm)(上巻)H46.0×W869.1 (中巻)H46.0×W778.0 (下巻)H46.0×W1521.7
受入年度昭54年度購入

  久保田城下から岩館まで、街道沿いの風景を描いた全3巻にわたる絵巻。八橋一里塚から土崎湊までを描いた上巻の中でも、北前船が湊に並び、商店が軒を連ね往来の人でにぎわう土崎の場面は圧巻である。中巻は相染から八郎潟沿いに鯉川まで羽州街道を北上、下巻は羽州街道との分岐点である金光寺から能代道、八森海道を通り、藩境の岩館に至る。街道に植樹された松の様子などから制作年代が推定されており、藩政期の秋田を知る歴史資料としても貴重である。

ページトップへ