司馬江漢「牡丹図」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

牡丹図

司馬江漢 1747(延享04)- 1818(文政01)

カテゴリー日本画 
制作年1772-89(安永-天明年間)
技法・材質絹本着色
寸法(cm)H93.0×W35.5
受入年度平21年度購入

  江漢は鈴木春信門で春重と号し美人画を描いていたが、20代半ばで宋紫石に入門し、本格的な画家を目指す。この作品は紫石から学んだ南蘋派の写生体による花鳥画で、安永から天明年代の作品と思われる。やわらかな花弁のぼかし、力強い線でくくった葉の表現、鳥の羽毛の繊細な描写にその学習のあとがうかがえる。

ページトップへ