寺崎廣業「山水図」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

山水図

寺崎廣業 1866(慶応02)- 1919(大正08)

カテゴリー日本画 
制作年c.1911(明治44頃)
技法・材質紙本墨画淡彩
寸法(cm)各H163.0×W343.6
受入年度平26年度購入

明治43年、廣業は横山大観、山岡米華とともに中国を旅し、蘇州をはじめ、上海、北京など各地でスケッチを残し、帰京後にみずみずしく雄大な山水画を制作している。本作の題材と構図は、翌年の第5回文展に出品した《支那風景》と酷似しており、筆線を極力抑え、簡略化して要所を押さえる、廣業ならではの筆の冴えが感じられる。

ページトップへ