寺崎廣業「千紫万紅」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

千紫万紅

寺崎廣業 1866(慶応02)- 1919(大正08)

カテゴリー日本画 
制作年1913(大正2)
技法・材質紙本着色
寸法(cm)各H130.5×W63.4
受入年度平28年度購入

「千紫万紅」とは色とりどりに花が咲き乱れるさまをいい、本作では秋の高山に咲き乱れる草花を背景に、それぞれに音楽を奏する唐美人を描いている。横笛、琴、箜篌、簫などの楽器は、正倉院宝物に取材したものである。発色のよい岩絵の具を用いて彩色の擦れを活かし、地紙の白を効かせた色彩の調和が美しい作品である。

ページトップへ