伊藤若冲「雨龍図」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

雨龍図

伊藤若冲 1716(正徳06)- 1800(寛政12)

カテゴリー日本画 
制作年1760年代後半
技法・材質紙本墨画
寸法(cm)H130.5×W53.0
受入年度平29年度購入

若冲は水墨画ではユニークで意匠の妙に富む作品が多い。本作では背と腹を墨の濃淡で区別し、鱗は画箋紙の性質を生かして丁寧に描写されるなど、モチーフ、墨妓ともに充実している。

ページトップへ