佐竹曙山「蝦蟇仙人図」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

蝦蟇仙人図

佐竹曙山 1748(寛延01)- 1785(天明05)

カテゴリー日本画 
制作年江戸時代
技法・材質絹本着色
寸法(cm)H125.0×W40.0
受入年度平30年度購入

蝦蟇仙人は三本足の蝦蟇を従え、妖術を使う仙人。その腕やすねには筋肉が盛り上がり、足の甲には静脈が見えている。目の描写では、透けるような青色で表した白目に、毛細血管まで描き込む徹底ぶりである。この世に実在しない仙人の姿にリアリティを盛り込み、曙山らしい独特な幻想的世界観を表現した代表作である。

ページトップへ