寺崎廣業「秋山雨後」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋山雨後

寺崎廣業 1866(慶応02)- 1919(大正08)

カテゴリー日本画 
制作年1909(明治42)
技法・材質絹本着色
寸法(cm)H111.0×W144.0
受入年度令01年度購入

伝統的な大和絵を基本に、写実表現を加味して近代的な風景表現の創出をねらった第3回文展出品作である。俯瞰した構図による遠近表現への強い志向が、日本画ではなく洋画的との批判も浴びたが、その後さらに装飾味を加えて代表作《高山清秋》へと結実していく端緒となった重要な作品である。

ページトップへ