小田野直武「高輪海景」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

高輪海景

小田野直武 1749(寛延02)- 1780(安永09)

カテゴリー日本画 
制作年江戸時代(18世紀)
技法・材質紙本着色
寸法(cm)H32.9×W51.1
受入年度令01年度寄贈

庄内藩士鳥海玄柳が書いた『翁左備抜粋』により、直武は源内の工房で浮絵、眼鏡絵等を描き、江漢も初め直武に学んだと伝えられる。本図は、直武が所有していたオランダ風景画家ファン・ホイエンの銅版画から構図や細線による影の描き方などを学んで描いたことが明らかだ。実景写生に基づく風景表現をいかに体得したのか、その過程も伺えて興味深い作品である。

ページトップへ