小田野直武「梅屋敷」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

梅屋敷

小田野直武 1749(寛延02)- 1780(安永09)

カテゴリー日本画 
制作年江戸時代(18世紀)
技法・材質紙本着色
寸法(cm)H32.8×W50.3
受入年度令01年度寄贈

梅屋敷は亀戸天神の東北に位置する梅の名所として賑わった清香庵のこと。『江戸名所図会』や広重の『江戸名所百景』にも描かれ、龍が地を這うかのような古木「臥龍梅」で名高い。直武は遠近法を強調した構図で描き散策する人物には光の効果により立体感を与えて、存在感を際立たせている。

ページトップへ