小田野直武「児童愛犬図」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

児童愛犬図

小田野直武 1749(寛延02)- 1780(安永09)

カテゴリー日本画 
制作年江戸時代
技法・材質絹本着色
寸法(cm)H41.4×W63.9
受入年度昭36年度寄贈

 小田野直武は江戸に出て平賀源内のもとで西洋画の技法を学んだ秋田蘭画の中心的作家である。
 この作品では、円窓の中に明快な色彩で唐子と洋犬を描いている。背景のトーンを落とすことで際立ち、遠近法による視覚効果もあって、まるで目の前にいるかのような実在感がある。子供の顔は、伝統技法の裏彩色と、褐色で輪郭をぼかす西洋風の陰影により立体感が表され、犬の毛並みや布の光沢などの質感もみごとに表現されている。

ページトップへ