館岡栗山「漁村」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

漁村

館岡栗山 1897(明治30)- 1978(昭和53)

カテゴリー日本画 
制作年昭和時代
技法・材質絹本着色
寸法(cm)H127.0×W151.5
受入年度昭55年度寄贈

 空に星が瞬く夕暮れ時、一日の収穫を携え家路を急ぐ漁師たち。赤々と灯る窓の明かりが、人々の暮らしのぬくもりを感じさせる。群青を多用し、墨のぼかしを利かせた画面は叙情味にあふれ、大正から昭和初期にかけての傾向を表しており、近藤浩一路に師事し京都で本格的に描き始めた頃の作品と思われる。静謐な風景の中に軽快なタッチで描かれた人物が、作者独特の飄逸とした妙味をもたらしている。

ページトップへ