寺崎廣業「舞妓・芸者」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

舞妓・芸者

寺崎廣業 1866(慶応02)- 1919(大正08)

カテゴリー日本画 
制作年1910(明治43)
技法・材質絹本着色
寸法(cm)各H144.0×W65.9
受入年度昭59年度寄贈

 初々しく扇の陰で恥らうような表情の舞妓と、左褄を取り凛とした表情の芸者。竹内栖鳳の《アレ夕立に》を様々な角度から意識し、美人の双璧京舞妓と東芸者を対照的に描いている。舞妓は、牡丹の総模様の華やかな振袖に赤いだらりの帯。一方の芸者は渋みのある色調に白百合の裾模様の粋な留袖。琳派の技法を用いた柔らかで艶やかな表現である。

ページトップへ