寺崎廣業「湖畔の夏・寒月」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

湖畔の夏・寒月

寺崎廣業 1866(慶応02)- 1919(大正08)

カテゴリー日本画 
制作年1907(明治40)
技法・材質絹本裏箔墨画
寸法(cm)各H178.0×W420.0
受入年度昭59年度購入

 第1回文展が開催された明治40(1907)年、出品作品の《大仏開眼》の制作にあたって援助を受けた後援者和久栄之助のために描いた作品。
 《湖畔の夏》はクローズアップした老松の幹、少し霞んだようにその先端を覗かせる木立、その向こうに広がり一艘の小舟が浮かぶ湖面、と大胆な遠近表現で視覚効果をねらっている。一方の《寒月》は、冬枯れの雑木林と空に浮かぶ月を描き、冴えわたった冬の空気を感じさせる。裏箔の抑えた金地を生かして大きく余白を取り、水墨の省略された表現で、空間や空気感を豊かに表現している。

ページトップへ