一木弴「シュミーズ着たる女」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

シュミーズ着たる女

一木弴 1898(明治31)- 1973(昭和48)

カテゴリー洋画 
制作年1927(昭和2)
技法・材質油彩、キャンバス
寸法(cm)H75.8×W62.8
受入年度昭60年度購入

 流行のボブのショートヘアーで横向きに座るモデルは、この年に結婚したサダカ夫人で、昭和初期のモダンスタイルである。一木は夫人をモデルとした女性像を多く描いているが、現存するものは少ない。日本の洋画家たちの多くが印象派の影響を受けたこの時代に、一木はモネの信奉者であったと言われる。しかし、この作品に見られる人物のヴォリューム感や、滑らかな筆使い、華やかな色彩などには、ルノワールを彷彿させる豊かさがある。この穏やかで暖かみのある画面からは、画家の愛情が伝わってくる。

ページトップへ