佐竹曙山「紅蓮図」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

紅蓮図

佐竹曙山 1748(寛延01)- 1785(天明05)

カテゴリー日本画 
制作年江戸時代
技法・材質絹本着色
寸法(cm)H90.0×W30.1
受入年度昭36年度寄贈

 見事に咲いた紅蓮、開花し始めた蕾、大きな葉、さらに弓なりに上方に伸びる実をつけた茎など、群生する蓮池の一情景が巧みな構成により大胆に表現されている。直武による同画題の「蓮図」を手本として描かれた作品と考えられ、曙山は葉の深い緑色を再現するために、藍に代えてプルシアンブルーを用い、濃淡を使い分けることで、立体感と質感を表現している。

ページトップへ