高橋萬年「永代橋」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

永代橋

高橋萬年 1897(明治30)- 1956(昭和31)

カテゴリー日本画 
制作年1927(昭和2)
技法・材質絹本着色
寸法(cm)H97.3×W146.9
受入年度昭63年度購入

 高橋萬年は日本美術院に所属し、秋田の田園風俗を描いて親しまれた作家である。大正から昭和初期にかけては上京して出品作の制作にあたり、都会のモダンな風俗を描いた。
 この作品は、「橋」をモチーフにしたシリーズのうちの1点。橋は震災後の復興をとげた、近代都市東京を象徴するモダンな建造物である。大きく流線型を描く橋を画面の中心にすえ、徹底的な写生をもとにした細線描写と淡い色彩により、冷たい雨のなか往来する人々を風景にとけ込むように描いている。

ページトップへ