谷文晁「孔雀」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

孔雀

谷文晁 1763(宝暦13)- 1840(天保11)

カテゴリー日本画 
制作年1815(文化12)
技法・材質絹本墨画
寸法(cm)H161.5×W84.3
受入年度昭63年度寄贈

 江戸後期に活躍した谷文晁は、狩野派、南蘋派、のちに南画や漢画、さらには洋風画まで、あらゆる画法を習得し、多彩な作品を残している。
 この作品は孔雀を主題とした南蘋風の花鳥画で、水墨による写生的表現が見どころである。リズミカルな筆致と墨の濃淡により、豊かな羽の重なりや鮮やかな色彩を感じさせ、鋭い眼、がっしりと岩膚をつかむ爪の迫力ある描写が、生命力の強さをも表現している。

ページトップへ