鈴木鵞湖「蓬莱山図」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

蓬莱山図

鈴木鵞湖 1816(文化13)- 1870(明治03)

カテゴリー日本画 
制作年1861(文久元)
技法・材質絹本着色
寸法(cm)H171.0×W99.0
受入年度昭63年度寄贈

 蓬莱山は中国の神仙思想で、渤海(ボッカイ)湾の海中にあり、仙人が住む伝説の山で、古来祝賀の画題としてよく描かれる。美しく花が咲き乱れる蓬莱山には、仙人たちが鶴や鳳凰、龍、亀に乗って集い、不老不死の薬を作り、音楽を奏で、歓談する、にぎやかで楽しい理想郷が展開している。作者の鈴木鵞湖は江戸後期、晩年の谷文晁に師事し、和漢各派の画風を広く学んだ。この作品の画賛には、波涛は馬遠、楼閣は孫君澤、人物は李龍眠によると記している。

ページトップへ