菅井梅関「墨梅」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

墨梅

菅井梅関 1784(天明04)- 1844(弘化01)

カテゴリー日本画 
制作年1834(天保5)
技法・材質紙本墨画
寸法(cm)H175.8×W95.0
受入年度昭63年度寄贈

 菅井梅関は江戸後期の南画家。江戸、京都と遍歴し、さらに長崎に来舶中の清人画家江稼圃に師事した。南画家が好んだ画題「四君子」の中でも梅を愛し、江稼圃の帰国に際して贈った墨梅数幅は、元末四大家の一人梅道人(呉鎮)の作風に似るとの評判を聞き、号を「東斎」から「梅館」(のちに梅関)に改めたという。たっぷりと墨を含んだ筆致は覇気にあふれ、老木に咲いた梅の花に芳香を放たせる、写意にすぐれた作品である。

ページトップへ