岡田謙三「群像習作」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

群像習作

岡田謙三 1902(明治35)- 1982(昭和57)

カテゴリー洋画 
制作年1943(昭和18)
技法・材質油彩、キャンバス
寸法(cm)H203.5×W320.3
受入年度平01年度寄贈

 戦中から戦後にかけて、岡田は大画面に人物を緊密な構成で描くことを試みた。この頃は、戦争画を契機として大作中心に制作された時代であった。1943年の第30回二科展に出品されたこの作品では、ロマン主義絵画にみられるドラマティックな構図を参考に、戦禍を逃れた一群の避難民を描いている。それまでの甘美な雰囲気を捨て、社会派として時代を正面から捉えようとした作品である。

ページトップへ