岡田謙三「小屋」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

小屋

岡田謙三 1902(明治35)- 1982(昭和57)

カテゴリー洋画 
制作年1940(昭和15)
技法・材質油彩、キャンバス
寸法(cm)H194.5×W258.0
受入年度平01年度寄贈

 岡田謙三は、東京美術学校を中退して渡仏。帰国後は甘美で憂愁漂う女性像で、二科会の人気作家として活躍していた。この作品はその頃のものである。大画面による群像構成は、当時の画壇で好まれたもので、岡田もそうした流行をとり入れ、意欲的に挑んだ大作である。描かれた世界からはヨーロッパの古典的絵画を吸収しようとする、日本洋画界の姿勢もうかがうことができる。

ページトップへ