岡田謙三「乞食」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

乞食

岡田謙三 1902(明治35)- 1982(昭和57)

カテゴリー洋画 
制作年1942(昭和17)
技法・材質油彩、キャンバス
寸法(cm)H128.7×W89.5
受入年度平01年度寄贈

 この年の春、満州の新京(現・長春)、大連などを写生旅行、前年にも東京美術学校の同級生だった荻須高徳と満州熱河省を中心にハルピン、奉天に出かけている。この二度の旅による一連の作品は、都会的なテーマで甘美な作品を描いていた岡田が、そこを離れて、大陸の風景や人間のありのままを写実的に捕らえているのが特徴である。  この作品も肌、土、壁、衣服などの質感がよく表現され、構図、人物の動きは臨場感に富んだものとなっている。また、人物の表情輪郭などに敬愛する藤田嗣治への共鳴度がうかがえる。

ページトップへ