藤氏憲承「円窓美人図」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

円窓美人図

藤氏憲承

カテゴリー日本画 
制作年江戸時代
技法・材質絹本着色
寸法(cm)H97.2×W36.1
受入年度平01年度購入

 美しい女性が舞い飛ぶ蝶に目をやり、丸い窓から身を乗り出すようなしなやかな立ち姿を見せている。手前に突き出すように描くことで、まるで目の前に実在するような錯覚をおこさせる。  藤氏憲承について、その伝歴は明らかではないが、名称は、本作品の2顆の印章「羽陰藤氏」(朱文方印)「憲承之印」(白文方印)による仮称である。人物の肌や、衣服のひだ、室内調度の質感や遠近感の表現は巧みで、優れた画才の持ち主であったことがうかがえる。

ページトップへ