金沢秀之助「たそがれの海女」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

たそがれの海女

金沢秀之助 1894(明治27)- 1967(昭和42)

カテゴリー洋画 
制作年1966(昭和41)
技法・材質油彩、キャンバス
寸法(cm)H112.1×W145.5
受入年度平03年度寄贈

 旅好きであった金沢は、南房総で海女たちの健康的でのびやかな姿に出会い、その後十数年間、取り組むモチーフとなった。3人の海女が黒色の荒々しい線で形どられ、ペインティングナイフでバックに盛り上げた絵の具が、波のようにダイナミックなリズムを刻んでいる。また、画面に配された黄・紫・緑のタッチも躍動感を与えている。海女の生命力と自然の雄々しさが一体となった力強い作品である。「たそがれの海浜の雰囲気の中でゆれ動く海女のイメージを、私なりに心の詩として描いたもの」と言う。

ページトップへ