榊篁邨「軍人帖」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

軍人帖

榊篁邨

カテゴリー日本画 
制作年江戸時代(19世紀)
技法・材質紙本着色
寸法(cm)H34.9×W26.1
受入年度平03年度購入

 榊篁邨は幕末から明治にかけ、藩書調所で活字御用出役として欧文教科書の翻刻にあたり、挿絵の原本模写などを行った画家である。明治初期には油絵が描ける洋画家としても知られていた。オランダ軍の武装図であるテウプケンのオランダ語原書『Beschrijiving hoedanig de Koninklijke Nederlandsche troepen・・・』の図版部分を模写したものである。武器や旗、楽器を持つ兵士などを陰影を意識しながら鮮やかに彩色している。美しい金唐皮で装丁され、佐竹家に伝わった。平戸松浦家他複数の大名家にも同様の模写本が存在している。

ページトップへ