佐竹義躬「岩に蔦と芙蓉図」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

岩に蔦と芙蓉図

佐竹義躬 1749(寛延02)- 1800(寛政12)

カテゴリー日本画 
制作年江戸時代
技法・材質紙本着色
寸法(cm)H112.5×W23.8
受入年度平03年度購入

 赤く色づいた蔦の葉がからまり、屈曲した岩陰から大輪の芙蓉がのぞく。秋田蘭画に多く見られる南蘋派を参考にした構成の作品である。画面上方には白い雲が湧き上がる青空が描かれ、自然の景観を再現しようとする工夫が見られる。

ページトップへ