荻津勝孝「荻津勝孝夫妻像」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

荻津勝孝夫妻像

荻津勝孝 1746(延享03)- 1809(文化06)

カテゴリー日本画 
制作年江戸時代
技法・材質紙本着色
寸法(cm)各H33.0×W14.8
受入年度平04年度寄贈

 作者勝孝の自画像とその妻の像。
 妻の像は、強い墨線でとらえた形体に僅かに陰影をほどこしただけだが、自画像は克明な陰影描写で立体感を表出している点では、最も早い肖像画である。つぶさな観察による写実的描写を通して内面的性格まで描出している。

ページトップへ