戸村後草園「花鳥」|秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

秋田市立千秋美術館 収蔵品データベース

花鳥

戸村後草園 1768(明和05)- 1854(安政01)

カテゴリー日本画 
制作年1833(天保4)
技法・材質絹本着色
寸法(cm)H133.7×W48.3
受入年度平04年度購入

 横手城代の後草園は、江戸や長崎で南蘋派の画風を学んだ佐々木原善に就き、花鳥画に優れた作品を残している。  岩陰に咲く艶麗な牡丹、屈曲して枝を伸ばす海棠に止まる白頭翁とつがいの綬帯鳥など、南蘋派の典型的なモチーフを繊細に写実描写し、華やかに画面構成してている。背景に刷いた淡墨が色彩豊かな花や鳥を、いっそう印象的に際立たせている。

ページトップへ