○秋田市興行場法施行細則

平成9年2月28日

規則第13号

(趣旨)

第1条 興行場法(昭和23年法律第137号。以下「法」という。)の施行については、興行場法施行規則(昭和23年厚生省令第29号)および秋田市興行場法施行条例(平成24年秋田市条例第87号)に定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

(平24規則61・一部改正)

(営業許可の申請)

第2条 法第2条第1項の規定により興行場の経営の許可を受けようとする者は、営業許可申請書を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請書には、次に掲げる書類を添付しなければならない。

(1) 営業施設を中心とした半径おおむね400メートルの区域の見取図

(2) 営業施設の配置図および平面図(観覧室のいす等の配置および喫煙所、売店、便所等の位置を明示したもの)ならびに観覧室の断面図

(3) 機械換気設備、空気調和設備、照明設備および給排水設備の配置および系統を明示した図面

(4) 建築基準法(昭和25年法律第201号)第7条第5項の規定による検査済証の写し

(5) 申請者が法人である場合にあっては、定款の写し

(6) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(平12規則50・平20規則32・一部改正)

(構造設備等変更の届出)

第3条 興行場営業を営む者は、興行場について、構造設備を変更し、又は前条第1項の申請書および第5条第1項の届出に記載した事項を変更したときは、速やかに興行場構造設備等変更届を市長に提出しなければならない。

2 前項の届には、変更に係る前条第2項各号に掲げる書類を添付しなければならない。

(営業停止等の届出)

第4条 興行場営業を営む者は、興行場営業を停止し、又は廃止したときは、速やかに興行場営業停止(廃止)届を市長に提出しなければならない。

(営業承継の届出)

第5条 相続により営業者の地位を承継した者が法第2条の2第2項の規定による届出をする場合は、次に掲げる書類を添付しなければならない。

(1) 戸籍の謄本又は全部事項証明書

(2) 相続人が2人以上ある場合において、その全員の同意により営業者の地位を承継すべき相続人として選定された者にあっては、その全員の同意を証する書面

2 合併又は分割により営業者の地位を承継した者が法第2条の2第2項の規定による届出をする場合は、定款の写しを添付しなければならない。

(平13規則21・平20規則32・平20規則38・一部改正)

(書類の経由)

第6条 法の施行に関し市長に提出すべきこととされている書類は、すべて保健所長を経由しなければならない。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成12年9月29日規則第50号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年3月26日規則第21号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成20年8月29日規則第32号)

この規則は、平成20年12月1日から施行する。

附 則(平成20年9月24日規則第38号)

この規則は、平成20年9月27日から施行する。

附 則(平成24年12月27日規則第61号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

秋田市興行場法施行細則

平成9年2月28日 規則第13号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第10編 市民生活/第2章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成9年2月28日 規則第13号
平成12年9月29日 規則第50号
平成13年3月26日 規則第21号
平成20年8月29日 規則第32号
平成20年9月24日 規則第38号
平成24年12月27日 規則第61号